コーポレート・ガバナンスの基本的な考え方

コーポレート・ガバナンスに関する基本的な考え方

UTグループは、「経営環境変化への対応」の観点から意思決定のスピードアップを図り、変化に柔軟に対応していくこと、「経営の透明性」の観点から経営の監督機能の充実を図ること、「経営の健全性」の観点から法令を遵守し、社会倫理に反することがないようにすることをコーポレート・ガバナンスの基本的な方針としています。
この方針のもと、すべてのステークホルダーや社会から信頼を得る“守りのガバナンス”と、自律的な経営により企業価値向上を図る“攻めのガバナンス”の両面から、継続的な強化を図ります。