株主・投資家の皆様へ

代表取締役社長 兼 CEO 若山陽一

“日本全土に仕事をつくる” をビジョンに
新たな成長ステージへ。

株主の皆様におかれましては、日頃より格別のご高配を賜り、誠にありがとうございます。

UTグループは“仕事を通じて社会の役に立ちたいと考えるすべての人々”に、「はたらく場」を「イキイキできる環境」とともに提供することを使命として、1995年の創業以来一貫して、「安定した雇用(無期雇用)」「キャリアアップ機会の拡大」を軸として、数々の業界初に挑んできました。

職場で求められる職業訓練はもとより、製造派遣で働く社員が設計開発や建設のエンジニアにキャリアチェンジできる制度や、すべての社員が管理職や執行役員などの重要な役職に立候補できるエントリー制度など、業界の常識にとらわれず、社員の挑戦と成長を支える独自の仕組みを導入してきました。

その結果、半導体、エレクトロニクス、自動車などものづくりに関わる幅広い分野のお客様から信頼を獲得し、製造派遣業界をリードするポジションまで成長を遂げてきました。

2017年3月期からスタートした中期経営計画では、「日本全土に仕事をつくる」をビジョンとして掲げ、最終年度には技術職社員数29,000人の規模まで成長させる目標を掲げています。その主眼は、経済環境の変化にともない派遣の活用ニーズが高まるなか、全国のお客様の人材に関するニーズに的確にお応えし、より多くの良質な職場と雇用を創出することにあります。また、これまでに培った「キャリア形成支援力」にさらに磨きをかけ、社員が多様な選択肢から自らのキャリアに挑戦できる環境を整備し、イキイキと働ける職場を日本全土につくり上げていきます。

UTグループのこれからの取り組みと挑戦に、一層のご理解、ご支援を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。

代表取締役社長 兼 CEO